流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

投資信託とは、投資家が投資の専門家に資金を預けて、専門家はその資金をファンド=基金にまとめて、それを株や債権、不動産などに投資して運用してもらう金融商品のことです。

投資信託とは

投資信託とは、投資家が投資の専門家に資金を預けて、専門家はその資金をファンド=基金にまとめて、それを株や債権、不動産などに投資して運用してもらう金融商品のことです。小さな資金を集めて、それをまとめて運用するので、少額では投資できないものでも、投資信託であれば投資をすることが可能となります。
投資信託をする場合、主に3つの会社が関係します。1つ目は、販売会社で、投資信託を購入する際の窓口となるところで、証券会社や銀行などのことです。2つ目は、運用会社で、ファンドを作って、ファンドマネージャーと呼ばれる運用担当者が、情報収集して分析し、それに基づいて運用の指示を出します。3つ目は信託会社で、投資家から集められたお金を管理しながら、運用会社の指示に従い、株や債権の売買を行います。
また、投資信託と一言で言っても、いろいろなものがあります。例えば、株式投資信託や債券投資信託、外国株式投資信託、外債投資信託などがあります。それぞれの投資信託のリスクについては、組み入れられている投資商品によって異なります。なお、通常投資信託は、投資額以上の損失を受けない商品設計にされていることが多いようです。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.