流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

最近の投資信託は多様化しているため、いろいろな分類ができます。

投資信託の分類

最近の投資信託は多様化しているため、いろいろな分類ができます。
まず、運用方法による分類をしてみると、アクティブファンドとインデックスファンドに分けられます。
アクティブファンドは積極的に運用を行うということで、インデックスファンドは、指数に連動するように運用されます。
購入方法による分類の場合は、単位型と追加型に分けられます。単位型の場合、募集期間にしか購入出来ませんが、追加型であれば、原則自由に購入出来ます。一般的な投資信託は、追加型のものが多いようです。
さらに分配方法による分類では、分配型と無分配型に分けられます。分配型の場合、投資信託の決算日になると、投資家に分配金が配られますが、無分配型は分配金を再投資して、満期や解約時に投資家に支払われます。
設定場所による分類では、国内で設定されているものと、外国で設定されている投資信託に分けれられます。注意が必要なのは、日本株であっても外国で設定されていれば外国投信となるということです。
最後に投資対象による分類では、株式投信と公社債投信がありますが、株式投信は、株式の組み入れが認められているものを指し、公社債投信は、国債や社債などが運用対象となっています。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.