流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

個人向け国債とは、国債の中でも、個人を対象とした国債のことです。

個人向け国債

個人向け国債とは、国債の中でも、個人を対象とした国債のことです。
個人向けといっても、国債であることに変わりはないので、国に対してお金を貸すことになります。満期まで保有すれば、元本割れの心配はありません。
国債は、取引単位が大きいので、個人ではなかなか手が出せませんでしたが、個人向け国債の場合、投資単位が1万円からと低額に設定されているので、個人でも、手軽に国債を購入することが出来ます。なお、個人向け国債は、10年満期の変動金利の国債と、5年満期と3年満期の固定金利タイプが販売されています。変動金利の場合は、半年毎に金利が見直されることになっています。
個人でも購入しやすい個人向け国債ですが、国債と比べた時にデメリットもあります。それは、小口取引ができる分、金利が安いという点です。
また、中途解約した際には、直前数回分の金利分が徴収されることになります。中途解約した場合でも、大きく元本割れをする恐れはありませんが、思ったより金利を得られなかった、という可能性はありますので、注意が必要です。個人向け国債でもやはり、すぐに換金する可能性があるお金の場合の資産運用には、おすすめできません。

金融やファイナンスについて、きちんと整理されているこのサイトがおすすめですよ♪



Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.