流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

転換社債型新株予約権付社債とは、株式に転換することが出来る社債のことで、転換社債と呼ばれます。

転換社債とは

転換社債型新株予約権付社債とは、株式に転換することが出来る社債のことで、転換社債と呼ばれます。転換社債は、社債ですが、いつでも一定の株式と交換できるということが最大の特徴です。この特徴は、投資家にとって大きなメリットと言えるでしょう。
通常の社債の場合は、企業の業績が好調で、株価が上昇しても、初めに決められた一定の利息しか受け取れませんが、転換社債であれば、株式と交換して売却すれば、株価上昇による利益も得ることが出来ます。
また、通常の株式投資であれば、企業の業績が悪くて配当が得られないだけでなく、出資額が全額償還されない可能性もありますが、転換社債であれば、社債として保有していれば、一定の利息は受け取れますし、万が一倒産した場合、元本全額は償還されなくても、株式と比べて優先的に払い戻しを受けることが出来るのです。
つまりは、株式と社債の良い部分だけを得ることが出来るということになります。
一方、転換社債のデメリットについて挙げられるのは、普通の社債と比べて利息が少なく、金利がゼロの場合もあるという点です。投資家に有利な金融商品なので、社債と同じ金利では、発行会社の割に合わないでしょう。
また、各転換社債ごとに発行条件が異なるという点も注意が必要です。転換社債の条件は複雑で、転換社債によって細かく条件設定されているので、購入の際には、細心の注意が必要です。最低でも、転換価額と転換可能期間については確認しておきましょう。
さらに、転換社債は証券取引所でも取引が行われていますが、売買高がそんなに多くないので、いつでも購入、売却できるとは限りません。

金融やファイナンスについて、きちんと整理されているこのサイトがおすすめですよ♪



Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.