流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

MMFとは、マネーマネジメントファンドの略で、MRFと名前が似ていますが、名前だけでなく、商品特性もMRFと似ています。

MMF

MMFとは、マネーマネジメントファンドの略で、MRFと名前が似ていますが、名前だけでなく、商品特性もMRFと似ています。MMFの投資対象は、中期と長期公社債が中心となっているので、MRFよりは多少劣りますが、比較的安全に運用されていて、元本割れのリスクもかなり低いと言われています。
ただ、中期と長期公社債で運用するので、MMFを購入してから、1ヶ月以内に解約してしまうと、ペナルティとして、信託財産留保金と呼ばれる金銭が徴収されることになります。中期長期公社債で投資をしている以上は、短期間で売却すれば余計なコストがかかってしまいますが、その一方で、MMFを解約した場合には、投資家への支払資金を確保しなければならないので、MMFで保有している資産を売却して支払資金を賄っています。この資産売却に係る費用は、短期間で解約をした投資家に負担してもらうべき、ということから、信託財産留保金が徴収されることになったそうです。
なお通常、MMFは中期と長期の公社債で運用していることから、MRFよりもMMFの方が利回りが良いようです。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.