流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

株の取引は、主に東京、大阪、名古屋、福岡、札幌など、各地の証券取引所で行われています。

株式市場について

株の取引は、主に東京、大阪、名古屋、福岡、札幌など、各地の証券取引所で行われています。なかでも、東京にある東京証券取引所、通称東証が最も大きな取引所です。企業が、東証一部上場を果たした、というのを聞いたことがあると思いますが、東証の後ろには、一部、二部とあって、企業の業績が良くなると、一部に格上げされることもあります。つまり、”東証一部”というと、ひとつのステータスとなっていて、東証一部上場というだけで、企業の認知度や信頼度が大きく上がります。
なお、東証だけでなく、他の証券取引所でも取引は行われていますが、東証一部は上場するための審査基準がとても厳しく、審査に通ることは困難なので、東証一部に上場していれば、優秀で倒産しにくい会社が多いとも言えるでしょう。
また、ジャスダック市場と呼ばれる新興市場がありますが、これは証券取引所には属さない市場で、中小企業やベンチャー企業が中心となって構成されています。東証と比べると、値動きの激しい銘柄が多いので、株の初心者にはおすすめできません。まずは東証一部の中から銘柄を選んで初めた方がいいと思います。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.