流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

株式投資のスタイルにも流行りがあります。

株式の投資スタイル

株式投資のスタイルにも流行りがあります。最近はデイトレードと言われる、1日以内の短期で取引する方法が流行っていて、この場合は、会社の良し悪しではなく、その時一瞬の相場の動きが重要とされています。
一方、基本的な投資方法と言われているのが、中長期投資というもので、デイトレードと中長期投資では考え方が全く異なります。デイトレードとは、専門的な知識と瞬時の判断、さらにスピードが重要となります。常時パソコンの画面と相場から目が離せないので、一般的な投資家にはおすすめ出来ません。また、デイトレーダーと言われるプロに、はめられてしまう可能性もありますし、株の上げ下げが大きい銘柄を選ぶことになるので、ハイリスクハイリターンとなります。
中長期投資の場合は、一日の株価の動きでは影響を受けにくく、比較的長い目で見て投資を行うというものです。例えば、成長している企業の株や、現状から見て割安と思われる株、安定して高配当を出している株など、いろいろな観点から銘柄を選ぶことが出来ます。このスタイルであれば、ずっとパソコンに張り付いている必要はないので、通常の仕事をしながらでも株式投資が行えます。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.