流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

銘柄選びの参考に出来る、いくつかの株の指標というものがあります。

株の指標

銘柄選びの参考に出来る、いくつかの株の指標というものがあります。
まずEPSとは、Earnings Per Share=1株当たりの利益という意味で、当期の純利益を株式数で割ったものです。EPSは、企業の収益性を表す指標ととらえられています。
次にPERとは、Price Earnings Ratio=株価収益率という意味で、時価総額(株価×発行済株式数)をEPSで割って算出します。PERは、企業の利益と株価の関係を表していて、企業の割安性を測ることができます。PERが低ければ低いほど、会社が出している利益に対して、株価が割安であるということを表しています。
PBRとは、Price Book−value Ratio=株価純資産倍率という意味で、株価を1株あたりの純資産で
割って算出します。PERと同じように、株価の割安性を測ることができ、企業の株主資本から見た株価の割安度の目安になります。PBRが1以下の企業は、割安性が極めて高いと言えるでしょう。
最後にROEとは、Return on Equity=自己資本利益率と言う意味で、年間利益を株主資本で割って求めます。この指標は、企業の収益性を測る指標で、利益を上げるために、株主資本をどれだけ効率的に使ったかを表します。
これらの指標に関係なく、株価は変動することもありますが、ひとつの参考材料として覚えておくと良いと思います。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.