流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

株の売買の注文を出す際に使用する方法には、指値注文と成り行き注文があります。

指値注文と成り行き注文

株の売買の注文を出す際に使用する方法には、指値注文と成り行き注文があります。
まず指値注文の場合は、価格を指定して注文することができるので、予想外の高値で購入してしまったり、安値で売ってしまったりという失敗はなくなります。ですが、指値による価格にあまりこだわりすぎてしまうと、ほんの1円の違いで売買できないというケースもあるので、板情報で様子を見ながら、価格を考えることが大切です。
一方、成り行き注文の場合は、その時の相場の流れによって、確実に注文を確定することができるので、どうしても購入したい銘柄を、注文する場合には使える方法ですが、価格を全く気にせずに注文を入れてしまうと、買い値が高くなってしまったり、安く売りすぎてしまったり、というケースもあるので注意が必要です。
このように、オンライントレードで売買する前には、板情報を見ることが大切です。板情報から、どの銘柄でどれくらいの価格なら売買できるか、ということを参考にすることが出来ます。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.