流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

株式の取引は、大きく分けると、個人投資家、機関投資家、外国人投資家の三者によって行われています。

株式の投資家

株式の取引は、大きく分けると、個人投資家、機関投資家、外国人投資家の三者によって行われています。この三者の動向は株価の変動に影響を与えるので、それぞれの特徴を認識しておくと良いでしょう。
まず個人投資家とは、一般的な個人の投資家のことを言います。売買単位が小さいので、株価に与える影響は最も少ないと言えます。
次に機関投資家とは、国内にあるプロの投資機関のことで、主に銀行などの金融機関や、一般企業の投資部、投資信託会社などを指しています。売買単位が非常に大きいので、株価に与える影響もかなり大きくなります。
最後に、外国人投資家は、国外の資金を使って日本株を買うため、為替差益も関係する投資となるので、一般的には円高になると株が売られるという傾向にあるようです。また、外国人投資家は、外国の機関投資家である場合も多いので、売買単位が大きく、株価に大きな影響を及ぼします。
このように、株価変動の主な要因は、機関投資家と外国人投資家の売買によるものなので、この二者の動向には注意しなければなりません。ニュースでも、話題に取り上げられることが多いので、注目しておきましょう。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.