流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

株の売買は、株を買いたい人と売りたい人の注文が一致して初めて成立します。

株式の板とは

株の売買は、株を買いたい人と売りたい人の注文が一致して初めて成立します。なので、注文を出す前に、いくらの株価で買いたい人がいるのか、いくらの株価で売りたい人がいるのか、という情報を知っておくことは大切です。
その情報を得るためには、板と言われるものを見ます。買いたい人の情報が集まったものを買い板、売りたい人の情報が集まったものを売り板と呼びます。
例えば、ある価格である銘柄の株を買おうとした場合、現在の価格よりも高い値で、売りの注文の数が多く、逆に買いの注文がほとんどないような状況の場合は、今の株価で株を買っても、この先株価は上がらないかもしれないという予想が立てられるでしょう。一方、売り板がほとんどない状態で、逆に買いの数量が多い場合は、今買うと売りが少ないし、株価が下がることもないので、値上がりする可能性があるかも、という予想を立てることが出来るということです。
実際には、この例えのように素直な値動きをすることはほとんどないと思いますが、これが板を利用する場合の基本的な使い方です。

金融やファイナンスについて、きちんと整理されているこのサイトがおすすめですよ♪



Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.