流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

株式投資のリスクには大きく分けて、値下がりリスク、流動性リスク、倒産リスクの3種類があります。

株のリスクについて

株式投資のリスクには大きく分けて、値下がりリスク、流動性リスク、倒産リスクの3種類があります。株式投資を始める前には、リスクについても知っておくと良いでしょう。
まず値下がりリスクとは、株価が下がるリスクのことです。当然株は時価で取引されるため、社会や企業の状況などによって上がることも下がることもあります。
次に、流動性リスクとは、株を現金に換金するまでのリスクのことを言います。売ることができなければ、株券は現金化されません。特に、取引があまり活発でない銘柄の場合は、やむを得ず安値で売らなければならない場合もあるので、注意が必要です。なお、実際に現金になるまでには売ってから4営業日が必要となります。
最後に倒産リスクとは、会社が倒産してしまうというリスクです。会社が倒産してしまったら、株券は価値のない、ただの紙くずになってしまいます。もちろん、絶対に会社が倒産しないという保障はありませんが、銘柄選びを慎重に行うことで、倒産リスクはかなり減らすことができるでしょう。
もっとも身近に起こりやすいのは、やはり値下がりリスクでしょう。値下がりしにくい銘柄を選ぶということは、結果的に勝ちにつながるので、銘柄選びは慎重に行いましょう。

金融やファイナンスについて、きちんと整理されているこのサイトがおすすめですよ♪



Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.