流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

株が実際に売買されているのは、証券取引所ですが、個人投資家が購入する場合は、証券会社を通して株の売買を行うことになります。

株の注文方法について

株が実際に売買されているのは、証券取引所ですが、個人投資家が購入する場合は、証券会社を通して株の売買を行うことになります。証券会社を通じて注文する方法は、ネット注文、電話注文、窓口注文、証券会社の店頭での注文の4つあります。
ネット注文の場合、ネットが繋がる環境であれば、どこからでも指示を出すことが出来るので、とても便利です。その一方で、窓口とは違って、相談しながら決定することはできません。この方法で株取引を行っている投資家のことを、オンライントレーダーと呼んでいます。
次は電話注文ですが、証券会社に対して、電話で連絡することになるので、担当者と相談しながら注文を決定することが出来るので、株取引の経験が浅く、一人で決定することに不安を感じている人におすすめです。ですが、ネット注文よりも手数料が高くなります。
窓口注文の場合は、店頭まで足を運んで、担当者と直接相談しながら注文することが可能です。店舗に直接行かなくてはならない手間はありますし、手数料も高く設定されています。
このように、それぞれの注文方法には、メリットとデメリットがあります。初心者の場合は手数料を支払っても相談しながらの注文が良いかもしれませんが、株式投資の場合、迅速な行動が求められるケースが多々あります。やはりスピードが大切と思っている人には、オンライントレードが向いているでしょう。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.