流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

株で利益が出た場合には、基本的に税金がかかってきます。

株に係る税金

株で利益が出た場合には、基本的に税金がかかってきます。税金がかかってくるというのは、株に限ったことではなく、ほとんどの所得には課税されます。例えば、銀行貯金などの場合でも、利息がついたら、その利息に対して20%課税されます。
株もこれと同じことで、株の値上がり益や株の配当については、特別措置で2013年までは課税が10%となっていますが、通常は20%の課税となります。
この場合の税金の支払い方法については、証券会社に口座を作る際に、特定口座を選択すれば、税金関係の処理については、証券会社が代行してくれることになっています。さらに、本来であれば確定申告が必要となりますが、源泉徴収アリという指定をしておけば、自動的に納税が行われることになります。
ですが、株を長く続けていると、損失が出る年というのも出てくると思います。例えば去年は損が出て、今年は利益が出たという場合、去年と今年の損益が合算できれば、税金の支払い額を抑えることが出来るのに、ということがあった場合には、特定口座ではなく一般口座で開設して株の取引を行う方がお得になります。この場合の株による損失は、最大で3年間繰り越すことが出来るので、当然自分で確定申告をする必要がありますが、投資額によっては、それによって得られる利益もかなり大きくなります。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.