流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

株価の推移を明確にあらわしているのが株価チャートです。

株価チャート

株価の推移を明確にあらわしているのが株価チャートです。まずはこのチャートが読めなければ、株価がどのように推移しているか、現在市場ではどのような評価なのかわかりません。
株価チャートとして最も一般的なのは、ローソク足と呼ばれるチャートで、その日の一番最初の取引の株価という意味の始値、その日の一番最後の取引の株価という意味の終値、その日についた一番高い株価という意味の高値、その日についた一番安い株価という意味の安値、という全てを見ることが出来るチャートです。
まずチャートには、白線と黒線との2種類の線があり、始値より終値が高い日は白色、陽線のチャートとなります。さらに、”ひげ”というものがその期間内での動きの幅を表していて、白い線がその期間中にいくら上がったかをあらわしています。
逆に、始値よりも終値の方が安い日は黒色、陰線のチャートとなります。
ローソク足には、これまでの動きやこれからの動きの予測などによって、いろいろな形があるので、ひと目で株の動きがわかってしまう優れものなのです。ぜひそれぞれの意味を覚えておきましょう。なお、ローソク足を発明したのは日本人だそうですが、今では日本国内のみならず、海外でも使用されています。

金融やファイナンスについて、きちんと整理されているこのサイトがおすすめですよ♪



Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.