流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

ワラント債とは、通常の社債にワラントと呼ばれるものが付帯した債券のことです。

ワラント債

ワラント債とは、通常の社債にワラントと呼ばれるものが付帯した債券のことです。ワラントとは、株式を購入することができる権利のことで、オプション取引の一種です。満期日に、対象の株式を事前に決められた価格で買ったり売ったりする”権利”を証券化したもので、実際に権利を行使することは出来ません。
ワラント債は、ワラント=新株引受権と社債を切り離して転売することができるものがほとんどです。そのようなワラント債を、分離型といい、逆に切り離せないものを、非分離型と呼びます。
ワラント債の特徴は、少ない資金でも株式を購入できるという点ですが、その代わり、大きなリスクを負ってしまう可能性もあります。ワラントとは、あくまで株式売買の権利のことなので、対象原資産となる株式に対する直接投資ではありません。なので、価格の上下変動が非常に激しく、万が一価格が急上昇した場合は、ハイリターンを見込むことができますが、その一方で、不幸にも価格が下落した場合には、元金がゼロになるというハイリスクを負う可能性もあります。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.