流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

商品先物取引とは、金や銀、プラチナなどの貴金属や、大豆やトウモロコシなどの商品売買取引のことです。

商品先物取引

商品先物取引とは、金や銀、プラチナなどの貴金属や、大豆やトウモロコシなどの商品売買取引のことです。といっても、実際に貴金属や商品のやり取りをするということではなく、あくまで、貴金属や商品を受け取る権利=先物を売買して、利益を得る取引のことを、商品先物取引と言います。
商品先物取引の仕組みとしては、外国為替証拠金取引などと同じように、まず、取引証拠金として一定のお金を入金して、その取引証拠金を担保として、取引証拠金の何倍もの商品売買取引が行えるので、レバレッジ効果が期待できます。また、商品先物は、商品先物市場で売買されているので、一般の投資家は、商品先物会社を通じて売買注文を行うようになっています。
商品先物取引においては、レバレッジ効果が期待できるので、利益も損失も、その金額はかなり大きくなります。特に、損失に関しては、投資額を上回る損失が出ないよう注意が必要です。
また、商品先物取引では、価格がドル建てで決められている商品もあるので、為替変動の影響を受ける可能性もあります。なので、為替の変動にも注意しなければなりません。
一方、商品先物の値動きは、株式の値動きとは相関関係が薄いと言われているので、株価の上下に左右されることはないので、リスク分散のために、株式と商品先物を合わせて購入する、という方法も投資戦略としてはおすすめ出来ます。

金融やファイナンスについて、きちんと整理されているこのサイトがおすすめですよ♪



Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.