流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

株式投資の手法の一つである信用取引とは、自分の資金や有価証券などを担保として、信用取引契約を結んで、証券会社からお金を借りて投資するということです。

信用取引とは

株式投資の手法の一つである信用取引とは、自分の資金や有価証券などを担保として、信用取引契約を結んで、証券会社からお金を借りて投資するということです。通常の株式取引を現物株取引と言い、信用取引とは区別されていますが、信用取引は現物取引とは異なるルールがいくつかあります。
まず、期限付きで、6ヶ月以内には清算しなければなりません。また、信用取引はお金を借りているので、毎日金利が発生しているということも覚えておきましょう。
次に、現物取引の場合、必ず買いから入り、出来るだけ安い株価で買って、高く売るというのが基本ですが、信用取引では、信用売り(=空売り)から入ることが出来ます。空売りとは、まず証券会社から株を借りて、その株を売って、その後株価が下がったところで買い戻して、株を証券会社に返します。信用売りは現物取引とは逆の発想で、株価が下がればもうかるということになります。
最後に、追い証が発生する場合があるということです。追い証とは、追加で保証金が必要となることで、信用取引である以上、信用がなくなった場合には、もっと担保である保証金を口座に追加しなければなりません。信用買いで株価が下がれば、株の担保価値も下がってしまいます。もし保証金が支払えない場合は、証券会社が自動的に決済してしまいます。
初心者の人にいきなり信用取引はおすすめできません。株に慣れて、リスク管理ができるようになってから検討してみると良いでしょう。

金融やファイナンスについて、きちんと整理されているこのサイトがおすすめですよ♪



Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.