流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

REITとは、Real Estate Investment Trustの略称です。

REITとは

REITとは、Real Estate Investment Trustの略称です。不動産投資信託という意味で、不動産を購入するための投資信託のことで、投資家から資金を集めて不動産を購入して、その不動産の賃料や売却収入などによって出た利益は、投資家に分配するというものです。
通常、不動産の購入には、億単位のお金が必要となるので、一般の人には、投資対象として不動産を購入することは難しいと思いますし、もしも不動産は購入できたとしても、リスクを分散するために、複数の不動産を購入することはなかなか出来ないと思います。
REITは投資信託の一種なので、各個人の投資金額は少額に抑えられますし、さらに、複数の不動産に投資をすることで、リスク分散効果も得られるのです。
また、不動産の値動きは、株式の値動きとは相関関係が少ないので、株式とREITの両方に投資をすれば、さらに広いリスク分散効果が見込めるでしょう。
なお、REITは証券取引所に上場しているので、普通の株式と全く同じように取引できますし、REITの売買価格帯は、おおよそ50万円前後なので、不動産そのものを購入することを考えれば、必要資金は安く、分散投資も可能となるなどのメリットもあります。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.