流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

オプション取引とは、オプションと呼ばれる金融派生商品=デリバティブを売買する取引のことを指して言います。

オプション取引

オプション取引とは、オプションと呼ばれる金融派生商品=デリバティブを売買する取引のことを指して言います。オプションとは権利のことで、例えば、株式などを購入する権利や売却する権利についての売買を行う差額決済取引の一つです。以前は大口投資家を対象として行われていたサービスでしたが、最近では、個人投資家にも提供されつつあるサービスとなっています。
オプション取引では、オプションの対象を購入する権利=コールオプションと、売却する権利=プットオプションの2種類が売買されています。オプションの買い手は、コールオプションやプットオプションを購入して、オプションの売り手にオプション料を支払います。オプションの売り手は、そのオプション料をもらったら、買い手からコールオプションやプットオプションの権利行使された際には、それに応じなければなりません。一方、オプションの買い手は自分の期待通りの利益が出ない場合は、オプションを放棄することが出来ます。
売り手と買い手、そしてオプションの内容がコールかプットで合計4つの方法があります。 また、オプションの買い手と売り手を組み合わせたり、コール・プットを組み合わせることでより高度な戦略を立てることも出来ます。

金融やファイナンスについて、きちんと整理されているこのサイトがおすすめですよ♪



Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.