流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

外国為替証拠金取り引きでは、大きな利益を短期間で得られる可能性がある半面、逆に大きな損失を受ける可能性のある取引でもあると言えます。

マージンコールとロスカット

外国為替証拠金取り引きでは、大きな利益を短期間で得られる可能性がある半面、逆に大きな損失を受ける可能性のある取引でもあると言えます。
FX取引の損失を拡大させないために、マージンコールとロスカットルールというのがあります。マージンコールとは、FX業者が、投資家の資産の担保力が顕著に低下していると判断した際に、警告のメールを送信するシステムです。マージンコールが到着した後でも、手持ちの金額が大きく減り、FX業者が設定する割合を下回ってしまった場合、自動的に投資家のお金を反対売買によって決済してしまう、ロスカットというシステムがあります。マージンコールが到着すると、ロスカットの執行が近く迫っていることを意味しています。これらが、FX取引において大きな損失を出さないで済むよう設置された、リスク回避のためのシステムです。
損失を強制決済されてしまうロスカットは、大損をしたような気もしますが、預け入れした証拠金以上に損失が膨らむことがないように考えられた、リスク管理のためのルールなのです。
初心者の人は特に、ロスカットについて正しい認識を持って、ロスカットにならないようなFX取引を行うように細心の注意が必要です。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.