流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

為替証拠金取引とは、ドルやユーロなど、日本円以外の外国為替の売買を行う取引のことで、外貨FX取引とも言われています。

外国為替証拠金取引

為替証拠金取引とは、ドルやユーロなど、日本円以外の外国為替の売買を行う取引のことで、外貨FX取引とも言われています。
外貨預金や外貨MMFと同様、為替差益や利息収入が利益の柱となりますが、その一方で、外貨預金や外貨MMFと大きく違うのは、事前に取引証拠金を入金しておけば、その何倍もの取引が可能となる、という点です。このように、手持ち資金の何倍もの取引ができることを、レバレッジ効果と呼び、これによって、少ない資金でも、多額の取引が実行できることになるため、為替証拠金取引では、利益も損失も、金額がとても大きくなります。特に、損失については、投資額を上回る可能性もあるので注意が必要です。
また、為替証拠金取引は、通常の外貨預金などと比べて、円建ての買いから取引を始められる、ということが大きな特徴として挙げられます。通常、外貨預金や外貨MMFなどは、外貨を日本円で買うという取引から始めることがほとんどなので、円安でないと為替差益が出ませんでした。ですが、為替証拠金取引の場合、ドルを買っておけば円安になれば、ドルを売っておけば円高になれば、それぞれ為替差益が得られることになります。取り引きを買いから始めるか、売りから始めるかによって、円安でも円高でも、為替差益が期待できるというメリットがあります。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.