流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド

外国株式とは、外国企業に対して株式投資をするもので、日本の証券会社からでも外国企業の株式を買うことはできます。

外国株式

外国株式とは、外国企業に対して株式投資をするもので、日本の証券会社からでも外国企業の株式を買うことはできます。アメリカから中国やインドなどの新興国の株式まで投資が可能です。
近年、一部の外国企業も日本の証券取引所で上場するようになりました。その外国株式を取引する場合は、外国証券取引口座設定約諾書を証券会社に提出すれば、日本株と同様の取引が可能となります。この時、株の取引は円建てで、株価も円で表示されていますし、さらに、株主に公開されるレポートなども日本語で記載されているので、安心です。ただ、外国株の銘柄は数が少ないので、株銘柄の選択が限られてしまいます。
また、外国株を取り扱う証券会社で外国株売買の取次をしてもらうという方法もあります。まずは証券会社で、日本株の取引口座とは別に、外国株用取引口座を開設してから取引が始められます。なお、売買手数料については、日本と現地の証券会社の両方に支払わなければならないので、日本株の取引よりも手数料がかかります。
さらに、売買はドルやユーロなどの外国通貨建てとなっているので、為替変動の注意も必要ですし、株式取引における法律や制度も日本とは異なります。また、株主に公開するレポートなどもすべて外国語となるので、一般の個人投資家には複雑で注意が必要です。
これらのことからも、投資のリスクは高いですし、現地の細かな情報などが入ってこないと、初心者や投資先の国の事情に詳しくない人にはあまりオススメできません。


Copyright(c) 2017 流行りの金融商材をチェック!金融商品知識ガイド All Rights Reserved.